【意味怖】
意味がわかると怖い話まとめ 解説付き

普通 な意味がわかると怖い話まとめ 解説付き

但馬くん

119

同窓会の席で、僕の隣に座っている洋子がこう切り出した。
「ねぇ、但馬幸平って覚えてる?」
その名前を聞いた瞬間、

懐かしい思い出がよみがえってくる。

但馬くん・・・ 彼は6年生の途中から転校してきた。
それまで誰ともしゃべらなかった僕に、

いつも話しかけてくれた。
休み時間には、学校の七不思議、

先生たちのあだ名、クラスの女子たちの品評・・・。
話題が尽きることは無かった。
授業中、二人で窓の外を眺めながら、流れる雲のかたちを見て、
「あれは○○君に似てる あの形は先生の輪郭ソックリ!」
とヒソヒソ話しては、二人でクスクス笑いあったりしたものだ。
それから、まだまだ思い出はある。
今まではただ退屈だった運動会や遠足も、

彼のおかげで楽しく、懐かしいものとなった。

ただ・・・彼は少し変わっていた。
それまでどんなに楽しく話していても、

他のクラスメイトから何かを言われると、
急に険しい顔になって押し黙るのだ。

・・・何を言われてそうなっていたんだっけ・・・。

などとボンヤリ考えていると、
洋子の向かい側に座っている田中が身を乗り出し、しゃべり出した。

「おお、覚えてるよ。あいつ、少し変わってたよな。」
「やっぱり?気味悪かったよね。」

「あいつ、いつも一人でブツブツしゃべってたよな。一体何と話してたんだろうな…」

あなたは意味がわかりましたか?
下のボタンから解説を無料で知ることができます!





「但馬くん」の解説



解説は後ほど追加される予定です