【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

伝説の古い大きな木

私の学校の敷地には古い大きな木があって、その木の下で告白されると
二人は永遠に結ばれるという伝説がありました


私も憧れのA君にその木の下で告白されたいなぁと常日頃思っていました

ある日下駄箱を開けてみると一通の手紙が入っていました


封を開けて読んでみると・・・
『明日の午後10時、伝説の木の前で待っています。 Aより』と書かれていました

手紙の主は憧れのA君でした


この時の私は、A君からの手紙を読んで舞い上がる気分だったので
おかしいとは微塵も思いませんでした


明るいと面と向かって話すのが恥ずかしいから
こんな遅い時間なのかな?くらいにしか思っていなかったのです

約束の時間、学校に忍びこんだ私は伝説の木に向かいました


すると木の下に人影がぽつりと立っていました


「A君~!」


手を振りながら駆け寄ってみると
その影はA君じゃありませんでした

「ごめん、キミがAの事を思ってるって分かっててAの名前を利用したんだ」

「B君!酷い、なんでこんなこと・・・」

「俺はキミの事が好きなんだよ!・・・・・・殺したいくらいに」


その日以来、私達二人は結ばれました・・・永遠に


伝説の木の効果はバツグンです!!

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説




解説を書いてみる