【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

国境の橋

国境の橋を毎日、大きな袋を連れに担がせて渡る男がいた。

警備員が不信に思い、袋の中を検査したが、中に入っていたのはただの砂だった。

それでも警備員はきっと何か密輸しているとにらんで、男たちが通る度に袋の中を調べたが、やはり出てくるのは砂だけだった。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説



こういう「意味のわかると怖い話」は大好きです。
こういう話を思いつく人って天才ですね…
あなたは意味がわかりましたでしょうか?
それでは解説です。


解説を書いてみる