【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

とんち

主人「大変じゃあ!!」

召使い「どうしました?」

主人「向かいの寺のとんち名人が私ととんち合戦するため、
私の屋敷に訪問するらしいのだ!!」

召使い「確かあの人の寺とあなたの屋敷は
橋を渡れば数分で着いてしまう距離でしたよね?」

主人「あぁ…
あいつは前から私を馬鹿にしてきた生意気な小僧だ…
できれば会いたくないな…」

召使い「立て札と筆があれば会わないようにすることができますよ。」

主人「本当か!?じゃあ頼むぞ!!」

…その夜召使いは立て札に筆であることを書き、
相手の寺側に向けて立てた。

その内容は…

『このはし渡るべからず』

約束の日
とんち小僧が主人の屋敷に来ることはなかった。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説




解説を書いてみる