意味がわかると怖い話まとめ | 解説付き

約束は守ってくださいね

227

普通

遠くからパトカーのサイレンが聞こえた。

「やっと警察がきたようですね」

と探偵が言った。

あたしは、いましがた、その探偵にすべてを見抜かれ、
命の尊さについて教えられた結果、
潔く刑に服すことを約束したばかりだった。


やつらのせいで狂死した夫の復讐は、
途中で潰えたが、なぜか清々しい気分だった。

「約束は守ってくださいね」

探偵がにっこりと微笑みかける。

「ええ、わかっています」

あたしはすでに二人殺しているから、
死刑は免れないかもしれないが、それでもいい。

探偵との約束通り、
どんな刑にも服すつもりだった。

サイレンの音が少し大きくなった。

「え、ええと。約束は守ってくださいよ」

探偵が、また言った。


「はい。それはちゃんと守ります」

サイレンの音はもう、すぐそこだ。

「だから、約束は守ってくださいって」

困った顔で探偵は続ける。

それから、手で口を覆い、小声で付け足した。

「ほ、ほら。あなたのポケットの小瓶ですよ。
第1の殺人で使った青酸カリがまだ残っているでしょ?」

あなたは意味がわかりましたか?
下のボタンから解説を無料で知ることができます!





「約束は守ってくださいね」の解説