【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
村の掟

簡単

むかしある山奥に「五十人村」と呼ばれる村がありました

その村の人口は、いつも五十人以上になることがありませんでした

じつはその村には昔から人口が五十人以上になってはいけないというきびしい掟がありました

赤ん坊が生まれたりして51人になった場合、 その赤ん坊を殺すことで掟を守っていたのです

ある日、一組の夫婦が51人目になる子供を出産してしまいました

村人たちは「かわいそうだけど、掟は絶対だから」と赤ん坊を殺すよう母親に命じました

仕方なく、母親はどうやって子供を殺すか考えました

出来るだけ子供を苦しませたくないので、刃物などは使いたくありません
そこで母親は自分の乳房に毒を塗りました

赤ん坊がお乳を吸ったときに毒を飲ませようと考えたのです

しかし次の日死んでいたのは赤ん坊ではなく、赤ん坊の父親でした
[amazonjs asin=”B01M234L0I” locale=”JP” title=”掟の村 ~掟に従って俺と子作りをする女たち~(1)<掟の村 ~掟に従って俺と子作りをする女たち~> (オシリス文庫)”]

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!



解 説



結果的に、赤ん坊の命は助かったのか…
よかったね


解説を書いてみる