意味がわかると怖い話 | 解説付

交通事故

今朝、バイト行く途中で交通事故の現場にでくわしてしまった。

ついさっき起こったばかりみたいで、壁にめり込んだ車から煙が上がってる。

車は酷い状態で、こりゃ乗ってた人ヤバいなと思ってたら声がすんの。

よく見たら窓があっただろうひしゃげた部分から女の人が顔出して呻いてたのよ。

思わず駆け寄って、大丈夫ですかって声を掛けても「痛い…痛い…助けて…」って繰り返すだけ。

とにかく意識があるのにホッとした俺はすぐに110番して、到着した警察の質問に2、3答えてバイトに向かった。

休憩時間にバイト仲間に事故の話をしてたら、案の定テレビのニュースでやってた。

『今日午前、○○町でスリップした乗用車が壁に衝突する事故があり、運転していた女性が死亡しました。
女性は大破した車体に挟まれて首が切断されており、即死した物と見られています。』

意味はわかりましたか?
解説をチェック!



解 説



『大丈夫ですかって声を掛けても「痛い…痛い…助けて…」って繰り返すだけ。』

『女性は大破した車体に挟まれて首が切断されており、即死した物と見られています。』

つまり語り手は切断された首と話していた。


Message

メールアドレスが公開されることはありません。



Copyright© 意味がわかると怖い話, 2015 All Rights Reserved.