意味がわかると怖い話 | 解説付

彼女

俺はどうしようもなく彼女にひかれていた…繰り返し…思いだす、彼女との思い出。

初めて告白した時のはにかんだ笑顔、夜景を見に行って指輪を渡した時は、涙を流して、喜んだっけ。

7年間の思い出が頭を駆け巡る。

だけど俺は彼女を裏切ってしまった。野心に負けて、社長の娘を選んだんだ。

彼女は思い出の場所に俺を呼び出した。

俺は、本当は彼女を一番愛してると伝えたかったけど、もはや何も言えなかった。

彼女は、 泣いてるような笑ってるような顔で、

「あなたと幸せになりたかった。でももうておくれだしね!」

そういい残すと車を走らせた。

彼女の去った後は怖いくらいの静寂が訪れた。

俺は結局、どちらとも結婚しなかった。

意味はわかりましたか?
解説をチェック!



解 説



『どうしようもなく彼女にひかれていた』

「轢かれていた」

『ておくれだしね!』

「手遅れだ死ね」

『そういい残すと車を走らせた。』
から車で轢いて
『彼女の去った後は怖いくらいの静寂が訪れた。 』
から死んでしまった。

つまり、
「7年間の思い出が頭を駆け巡る。」
は走馬灯のように駆け巡っているのである。


Message

メールアドレスが公開されることはありません。



PREV
病院
NEXT
斑点

Copyright© 意味がわかると怖い話, 2015 All Rights Reserved.