予測変換

【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
予測変換

携帯電話でメールを作成する時等に使う便利な機能の一つ、予測変換に関する話。

なおひと(仮名)にはかすみ(仮名)という彼女がいた。

なおひとはかすみに 「かすみは土曜日どこに行きたい?」

という内容のメールを作ろうと、か行のボタンを1回押した。

当然、愛しの彼女の名前が1番上にくる。

「かすみ」 を押すと次の予測が出てくる。

1番上に表示されたのは 「犯ス」 だった。

驚いた彼はとりあえず1番上にくる単語を繋げていった。

すると 「かすみ犯ス今日の5時」 という文ができた。

自分が打った覚えが無い単語ばかり…。

不安になった彼は、午後4時半の今、歩いてすぐの彼女の家に向かった。

「まだ5時前だし、だいたいこんなの信じるなんてオレはどうにかしてる」

と思いながら、彼女の部屋の前に着くも、カギは開かず、返事も無い。

管理人に無理を言って開けてもらうと、

首を吊って変わり果てた彼女の姿が。

どうやら5時というのは午後ではなく午前のことだったようだ。

近くに置いてあった彼女の携帯を見てみると、

「ゴメンね」

とだけ書かれた彼宛ての未送信メールが表示されていた…


解読人数
7+

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!



解 説



結局のところ、少し意味がわからない話になります。

それでは解説です。

「かすみ(性的に)犯ス今日の(午後)5時」ではなく
「かすみが(自殺を)犯ス今日の(午前)5時」だった
という事ですね。

「意味がわかると怖い話」というよりは「何かしら霊的な力が作用して、かすみの自殺をなおひとに伝えようとした」という単なるオカルト話のようでして、少し拍子抜けしてしまいますね。

予測変換がここまで働くなら、「自殺」や「午前」まで知らせてくれてもいいのにな、と少し意地悪に思ってしまいます。



解読人数
7+