【意味怖】
意味がわかると怖い話まとめ 解説付き

普通 な意味がわかると怖い話まとめ 解説付き

クローン

135

20XX年、クローン技術が一般化していた。
主な目的は臓器等のスペアで、一部の富裕層がそれを利用していた。

クローンは五感を遮られたカプセルの中で育つため、

自我を持つことはなかった。

『自我を持たない人間は、人間に非ず』

倫理的にはこう定義されているため、この育成方法がとられていた。

ある夜、一人の子供が急患で運ばれて来た。

その子供は内臓を損傷しており、

両親はクローンによる移植手術を希望していた。

怪我の原因は、両親が共働きで不在中、

子共達がふざけ合っている内に階段から落ちたらしい。

看護士が急いでクローンを手術室へ運ぶ。

その途中でクローンが目を覚ました。

その瞳があまりにも可愛いかったので、看護士が思わず、

「遺伝子的には全く同じなのに可哀想…」

「遺伝子ってなあに?」

あなたは意味がわかりましたか?
下のボタンから解説を無料で知ることができます!





「クローン」の解説



解説は後ほど追加される予定です