意味がわかると怖い話まとめ 解説付き

意味がわかると怖い話まとめ | 解説付き

三回忌

6,929

もうすぐ妻の三回忌だ。

夫婦仲は最悪だった。

勤めていた会社が倒産し、再就職したのは零細企業。

結婚するときの約束、マイホームは絶望的だった。

おまけに、まだ若いのにハゲ始め、腹の突き出たメタボ体型になってしまった。

妻は毎日のように俺を

「甲斐性なし!ハゲ!ピザ!」と責めた。

そんな妻があっけなく逝った。

あんなに喧嘩ばかりしていたのに、いざ居なくなってみると寂いものだ。

妻の夢だったマイホームを購入し、一周忌法要は新居に坊さんと親族を招いて行った。

新居の仏壇に飾られた遺影の妻もうれしそうに見えた。生きてる間に買ってやれなくてごめん。

もうすぐ三回忌。三回忌法要もマイホームで行うつもりだった。

しかし残念ながらやってあげられそうにない。

七回忌も十三回忌も難しいかも知れない。

もうすぐ夕食だ。

麦めしにおかずが1,2品だけの質素な食事だが、上げ膳据え膳だし、栄養バランスを考えた

食事だ。

こんな食事をかれこれ半年続けているのでメタボは解消されたよ

あなたは意味がわかりましたか?
下のボタンから解説を無料で知ることができます!





「三回忌」の解説



『しかし残念ながらやってあげられそうにない。七回忌も十三回忌も難しいかも知れない。』

『もうすぐ夕食だ。麦めしにおかずが1,2品だけの質素な食事だが、』



刑務所にいる。



『もうすぐ三回忌』

『こんな食事をかれこれ半年続けている』



とあるため、二年が過ぎた当たりで捕まったのだろう。



殺人罪であれば刑期は10年未満。



妻を殺してしまったのであれば、

2年近くはばれないような工夫を取っているため、

刑期が更に長くなり『十三回忌』も難しくなっているのだろう。



いなくなってから、なくなってから「大切だった」と気付いてしまう。

嘆いてからでは遅いことが多いのに・・・人というのは不思議なものである。