【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

見知らぬ少女

俺は、今、海釣りに来ている。

小さな港の防波堤で
2本の釣竿をセットして引きを待つ。

仕掛けの長さを変えて、
あたりをみる…

そう俗に言う二刀流だ。

「つれますか?」

いつの間にか、
後ろにいた見知らぬ少女が話し掛けてきた。

夕日の逆光で顔はよく見えないが、
若い感じがする。

この近くに住んでる娘かな?

そんな事を考えていると、
少女が右手を上げて、
竿の方を指差した。

「みぎの竿、ひいてますよ!」

おっと!本当だ!

俺は釣竿を素早く掴むと浮きに合わせた。

「あはは!釣れましたね~!」

クーラーボックスの釣果を見て、
少女は笑った。

「なんてお魚なんでしょう?」

ん?

…漁港の娘なら、
自分の港で釣れる魚を知らないわけはないから、
この辺に遊びに来た旅行客かな?

「ねぇ聞きました?」

そんな事を考えていると、
少女は再び話し掛けてきた。

「このさきのえじまって所で、
死体が打ち上げられたらしいの。」

ああ!

朝、ここに着く寸前に、
珍しく数台のパトカーとすれ違ったのは、
その事故のせいかも?

「のろいのせいだって、
もっぱらの噂よ。」

え?

少女の台詞に我にかえって、
振り向いた時、
少女の姿は消えて…

…いたら、怖かったけど、
そんな事はなく、
漁村の方へ走り去っていく姿が見えた。

少女なりの怪談話をしてくれたんだろうか?

唐突過ぎて、
あまり怖く無かったけど(笑)

俺は釣りを続ける事にした。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説




解説を書いてみる