【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

浦島太郎

浦島太郎

むかーしむかしあるところに
浦島太郎という若者がいました

浦島はある日海辺を散歩していました

すると

不良A「オラオラ!」ゲシゲシ

不良B「さっさと歩けや!!」バシバシ

不良C「早く死ねや!オラ!!」ガンガン

なんと不良グループに海亀がいじめられていました

浦島太郎は勇敢に海亀を助けにいきました

浦島「ちょっと待てwwwww」

不良A「なんだよ」

不良B「やっちまうぞ?!」

浦島「おまいらちょっとこいwwwww」

ゴニョゴニョゴニョゴニョ…

不良A「サンキュー浦島!!」

不良B「これで遊び行こうぜ!!」

不良C「だなだな!!」

海亀「助けてくれてありがとうございます!お礼に竜宮城につれていきましょう♪」

浦島「おふwwwww竜宮城とかwwwww」

海亀「背中に乗ってください♪」

浦島「オーケーwwwww」

十分後

海亀「着きましたよ!深海1万メートルの竜宮城に!!ってあれ?浦島さん、どこですか?」

意味はわかりましたか?
解説をチェック!



解 説



なんだか今っぽい表現の話だけど・・・

きちんと計算して見よう。

深海1万メートルに十分で到着したということは、

時速60kmで潜ったことになる。

うん。

死ぬね。スピードも水圧もヤバイですね。

-IMI-


解説を書いてみる