第三次世界大戦

【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
歴史

2134年
人類ガ最モ栄エタ年
科学技術ハ目覚シイ発展ヲ遂ゲタ
地球上カラ紙ト呼バレル物質ノ存在ガ消タ年デモアル

2145年
戦争勃発
我々ガ独立シヨウトシタトコロ、中国、ロシア、アメリカ、ヨーロッパ諸国、日本ガ抑エニカカッテキタタメダ
敵連合軍総勢3億人ガ一気ニ我ガ国ニ奇襲攻撃ヲ仕掛ケテキタ
コノ攻撃デ9000人モノ犠牲ガ出タガ我々ハ敵ヲ返リ討チニシタ

シカシ、我々許サナイ
9000人ノ犠牲者ノ命ヲ無駄ニハシナイ

2146年
戦争終結
結果ハ我々ノ勝利デアル
我々ハ敵国ヲ圧倒的戦力差デ打チ負カシタ
再ビ地球ニ平和ガ訪レタ記念スベキ年
マタ、世界カラ人トイウ字ガ消エタ年デモアル…

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説



長いですね…
こういう話は大抵面白くなかったりします。
あなたは意味がわかりましたか?それでは解説です。

いろんな解答があるかと思いますが、語り手達が独立しようとしたら抑えにかかってきた国は「中国、ロシア、アメリカ、ヨーロッパ諸国、日本とかなり力を持った国々で、連合軍は3億人もいます。

それをたった9000人の犠牲で返り討ちにし、しかも戦争はたった一年で終結しています。

「世界カラ人トイウ字ガ消エタ」ともあることから、2145から2146年に掛けて、AIが凄まじく発展して、全人類がロボットに滅亡させられてしまったというお話なんでしょうね。

ありそうな話で若干怖いですけどね。

IMI


解説を書いてみる