星に願いを

【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
家族を消して

少女のところにお星さまが降り立ちました。

「なんでも一つ願いをかなえてあげよう」

お星さまはいいました。

少女は泣いていました。

「家族を消してちょうだい!あんな家族、まっぴらよ!」

次の日、少女が目を覚まして一階へおりると、いつものようにおかあさんと

おとうさんとおにいちゃんがいました。

少女は後悔しました。

その夜、再びお星さまは少女の目の前にあらわれました。

「気に入ってもらえたかな」

少女はいいました。

「昨日のおねがいをとりけしてちょうだい」

お星さまはいいました。

「一度かなえたおねがいはとりけせないよ」

少女は泣きました。

18+

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!



解 説



意味がわかるともちろん怖いですが、かわいそうな話でもあります。

それでは解説です。

お星さまに家族を消すように頼んだのに、いつも一緒にいる「家族」のおとうさんとおかあさんとおにいちゃんは消えていなかった。

ということは、いつも一緒にはいたけれど「本当の家族」じゃなかったのです。

けれども怖い話はここからで、、お星さまへの願いは叶えられているはずなので、どこかで生きているであろう「本当の」家族は消されてしまった。

救いがないですね、、怖い話です。


18+