【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

山道を歩く夫婦

山道

事業に失敗して多額の借金を抱えたAと、

病気で余命いくばくも無いその妻B子。

2人は、幼い子供たちを知人に預けて、

夕暮れ時に人気の無い山道を歩いていた。

「せっかくだからムービーを撮りながら歩こう。」

Aはときどきカメラを回した。

狭い道路わきが崖になっている所で2人は立ち止まり、昔の話を始めた。

出会った頃の話、両親に反対されて駆け落ちした話、

子供が生まれたときの話…。

そのとき、向こうから車がやって来た。

Aはカメラを回しながら、

「これで子供たちは大丈夫だ」

と心の中でつぶやいた。

車が2人の横を通り過ぎた瞬間…。

2人はこいに落ちた。

意味はわかりましたか?
解説をチェック!



解 説



「恋」に落ちた

ではなく

「故意に」落ちた

ですね。車が通った瞬間に山道に身を投げたのかな・・・

ムービーも証拠として取ってあるし、保険金をもらって子供達の生活の足しにするのかな。

悲しい話だ・・・

-IMI-


解説を書いてみる