【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

何度も来る女

その女は次の日もやって来ておれを指名した。

「えーお客様、昨日カットされたばかりだと思いますが……何かお気に召さないことがございましたでしょうか?」

「ううん、そうじゃないの。あなたの腕前が気に入ったから、今日もお願いしたくなっただけ」

指名してくれるのはありがたいけど、わざわざ二日続けて来るなんて。物好きな客だな。

希望通りに昨日と同じ整えるぐらいのカットをし、仕上がりの具合を確認する。女は満足げにうなずいた。

次の日、女は三たびやって来た。

「あの、お客様……」

「悪いわね、今日になったらまた気分が変わって。思い切ってショートにしてもらおうかな」

薄気味悪いものを感じたが、べつに営業妨害というわけでもない。

要望通り、かなり短めのショートにする。ここまで短くすればさすがにもう来ないはずだ。

「もし明日も来たら、間違いなくストーカーか新手の営業妨害だな。気をつけろよ」と

店長に言われる。はっきり言って笑えない。

嫌な予感は的中し、女は四日連続で店の扉を開けた。

「お客様、申し訳ありませんが……」

「あらごめんなさいね、あなたに髪を切ってもらうのが楽しくて。それに、

ここまで来たら思い切ってスキンヘッドもいいかなって気がしてきたの」

「申し訳ございませんが当店ではスキンヘッドには出来ません。他のお店に

行かれてはいかがでしょうか」と店長が丁寧に説明するが、女は引き下がらない。

「それならここのお店で可能なかぎり短くしてちょうだい。それとも何、きちんと料金を払って

文句ひとつ言わない客を、連日来たというだけで追い返せる決まりでも、この店にはあるの?」

女は声も荒げず、いたって落ち着いている。それだけに余計始末が悪い。店長と相談した。

「もういっそスキンヘッドにしちまうか。そうすりゃ来たくても来られないだろ」と店長。なんかヤケクソ気味だ。

後で苦情を言わないこと、これ以上短くは出来ないのでしばらくは来店しないこと、

この二点を何度も確認し、女の頭にバリカンを当てる。

頭頂の髪の毛を剃り落としていると、つむじのあたりに何か傷跡のようなものが見えてきた。

そしてその形をはっきりと認識したとたん、おれは震えだした。

女が振り返り、「思い出した?」と言って歪んだ笑みを浮かべた。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説




解説を書いてみる