意味がわかると怖い話

NAVERやグノシーなどでまとめられている「意味がわかると怖い話」。意味がわからなくてモヤモヤしたことはありませんか?全ての話に解説が付いていますので、答え合わせに是非チェックしてみてください!

意味がわかると怖い話 | 解説付

大事な探し物が書かれた紙

3月。

寒さの中にも春の陽気がちらつき始めている東京。

駅のホームで電車を待つ。

憧れの駅。

賑やかなホーム。

周りで待つ人々。

4月から始まる新しい春に想いを寄せているみたいだ。

泣いてる人がいる。

満面の笑みに涙が光る。

私の頬にも涙が伝う。

私はお守りから小さな紙を取り出した。

大事な探し物が書かれた紙だ。

私はその紙をギュッと握り締めた。

電話をする声。

「あ、電車来たみたい。じゃS駅に12時ね。」

多分君はそれに間に合わない。

一層賑やかなホーム。

数字の書かれた小さな紙が宙を舞った。
[amazonjs asin=”B01BS7P63Y” locale=”JP” title=”AMOMA(アモーマ) ミルクアップブレンド 2.5g×30ティーバッグ ■母乳育児サポートハーブティー・授乳中の飲み物をお探しのママへ・オーガニック・ノンカフェインのハーブティ・無農薬のお茶”]

(Visited 16 times, 1 visits today)
意味はわかりましたか?
解説をチェック!


 意味がわかると怖い話 解説
  • 友だち追加数

解 説



私はお守りから小さな紙を取り出した。

大事な探し物が書かれた紙だ』

語り手はお守りの中に

受験票を忍ばせていた。



しかし、大事な探しものであった、

合格者発表に書かれているはずの番号がなかった。



つまり、受験に落ちてしまった。





『「あ、電車来たみたい。じゃS駅に12時ね。」

多分君はそれに間に合わない』

というのは、語り手が電車に突っ込んで、

人身事故により電車が遅れるため。