意味がわかると怖い話 | 解説付最新まとめ

殺人鬼

73

バラバラ殺人鬼がいるという、あるカップルがその場所を訪れた。

実際はボロい小屋があるくらいで、それ以外は単純に山の中が不気味というだけ。

彼女は少し怖がっていたので肝試しにはなったが、彼氏には期待外れだったようだ。

「ちょっとトイレ」と彼氏は言い、念のため鍵をかけて車を出て行った。

彼女の方は怖がりだったので、仕方なく毛布にくるまり待機。

夜も遅かったということもあり、彼女はそのうち眠くなってきた。

半分寝ぼけまなこでいると、彼氏が横のドアをノックしてきた。彼女は

「ほんと怖いからそういうのやめて。鍵もってるんだからさっさと入ってよ…。」と言い、さっさと眠ってしまった。

翌日、彼女は絶句した。

フロントガラス一面血で真っ赤だったのだ。

パニックになり、とにかく助けを呼ぼうと警察に連絡。

昨日の出来事をくまなく話終えると警察が質問してきた。

「ノックしてきたのが彼氏だとどうして分かったんですか?」

彼氏の方は左手の小指に指輪をはめていた。

それが見えたので間違いはなかった。

そのことを警察に話すと

「そうですか…。いや、開けなくてよかった…。」

車の前には小指に指輪をはめた腕だけが落ちていた。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説



解説は後ほど追加される予定です