ホテルのドア

【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
ノックの音

出張で泊まるホテルは同僚が出るぞーって散々脅していたところだ。

ビビりな俺はガクブルでその夜ベッドに入った。

案の定夜にドアをノックする音がする。

ホテルの人かな?と思い声をかけたが返事がない。もうドアも見るのも怖くてひたすらノックの音がする中夜が明けた。

ノックが止んだ後俺はすぐにチェックアウトした。

出張から帰って同僚にノックの話をすると

「やっぱりでたか」とこんな話をした。

そのホテルは以前火事になり逃げ遅れた人がいたという。

その人は運悪く部屋の中に閉じ込められてそのまま亡くなったそうだ。

ああ良かった、ドアを開けたらどうなっていたか。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説



こういう「意味のわかると怖い話」はいいですね。
秀逸です。
あなたは意味がわかりましたでしょうか?
それでは解説です。

火事で亡くなった人は「部屋の中に閉じ込められて」そのまま亡くなっいます。
ノックというと「部屋の外から」と思いがちですが、「部屋の中」で亡くなった人(霊)がノックをするということは、部屋の中からノックしていたのでしょう。

ノックというより、「出してくれー」という感じでドアを叩いていたのでしょうか。

部屋の中で一夜の間、ドアを叩き続ける幽霊と共に過ごした怖い話ですが、きっと部屋の外に「逃げたい」という未練がある幽霊だったので、ドアを開けてあげても良かったかもですね。
少し切ない話ですね。


解説を書いてみる