意味がわかると怖い話 | 解説付最新まとめ

中古の一軒家

86

競売物件で築32年5LDKで800万の一軒家を買った。

養う家族もいないし、サラリーマンを辞めて、地方でのんびり古びた家で

過ごすのもいいか、なんて軽い気持ちで、ほとんど勢いで買ってしまったのだが、
引っ越してきてすぐに後悔した。

気味が悪い。

ほとんどの時間を10畳の居間と隣接した6畳の和室だけで過ごす。

他に1階に4畳半の仏間、2階は4畳半の洋間と和室が1部屋ずつと

6畳の和室が1部屋があるが、2階が丸々余計な感じだ。

少なくとも夜中に2階に上がる気が起きない。

引っ越して数ヶ月経ったある夜、2階の4畳半の洋間に用事を思い出し、

探し物をしていた。なかなか見つからずにいたところ1階で電話が鳴った。

電話を取ると無言電話だった。嫌な気分になったが、

再び2階の洋間に戻り、探し物を続けたが見つからない。

6畳の和室だったかもしれないな、と思って、洋間の電気を消した時、

再び階下の電話が鳴った。また無言電話だ。温厚な自分も腹が立ち

「悪戯してんじゃねぇよ!」と怒鳴ってしまった。

自分の怒鳴り声が受話器の向こうから聞こえ、それと同時に

けたたましい足音が2階から降ってきた。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説



解説は後ほど追加される予定です