意味がわかると怖い話 | 解説付

山小屋 その1

山小屋

ある雪山で猛吹雪の中、4人が遭難した。

このままでは確実に死ぬ・・・そう皆が考えていた先、山小屋が見付かる。

息も絶え絶えに小屋になだれ込む4人。

しかし、その山小屋には暖房施設がなく、あるのは非常用の食糧のみ。

寝れば確実に凍え死ぬ。ひとまず朝になれば・・・

そこでリーダーがゲームを提案する。

「4人全員が小屋の四隅に座り、5分毎に東回りに歩いて、人を起こして回ろう。

起こされた人は起こした人と交替して次の角に向かう」

翌朝、救助隊が山小屋を発見。疲弊した4人に笑顔が浮かぶ。

救助隊「よく全員ご無事で」

リーダー「いや、駄目かと思いましたが〜〜〜のようなゲームをしまして…」

少し間を置いて救助隊が答える

救助隊「そのゲーム、できっこないですよ」
[amazonjs asin=”B01AVXQ61M” locale=”JP” title=”ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) スワローテイル フーディ(Swallowtail Hoodie) NP71520 CM コズミックブルー M”]

意味はわかりましたか?
解説をチェック!



解 説



まず四人がそれぞれ四隅にいるとして、最初の一人が次の角に移動して二番目の人を起こしに行ったとき、一番目の人がいた角には誰もいなくなるはずである。

このゲームが朝まで続いていたというのだから、二番目、三番目、と順番に起こしに行く中で、四人目が起こしにいった角には果たして誰がいたんだろう・・・

謎だ。


Message

メールアドレスが公開されることはありません。



Copyright© 意味がわかると怖い話, 2016 All Rights Reserved.