私の部屋

【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
消えていく

最近家にあるものが一人でに消えていく。

この前は私物が、その前は置物が、そして最近はお金が。

流石に気味が悪くなり、ある日玄関や窓にカメラを仕掛けて出掛けた。

念のために家の中にも仕掛けておいた。

帰ってから確認しようと思ったが、その日は多忙で帰ってくるなり用も忘れて寝てしまった。

そして明る朝。

朝一にカメラの映像を見ようとしたが、砂嵐ばかりで全く再生される様子がない。

油断した。

おそらく真夜中の内に侵入され、監視カメラの存在に気づかれたのだろう。

家の中からまた物がなくなっていた。

今度は私の個人情報を含んだカード。

今度ばかりはただの奇怪な出来事では済まされない。

念の為、家中をくまなく探す。

しかしどこからも紛失物が出てくる気配はない。

怒りに燃えながら、とりあえず寝室へ戻った。

鞄から携帯を取り出し、110番にかける。

プルプルという音が耳に響く。

ふと、近くでポトンと音がした。

何か落ちてきたらしい。

つられて視線が動いた。

私のカードが落ちていた。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説



素直に読んでみると、ああそういうことなのね、というような話ですね。あなたは意味がわかりましたか?
それでは解説です。

何も怖い話ではなくて、本当にそのまま文字通り誰かが家に忍び込んでいる。
警察に電話をかけたときに、カードが落ちてきたということは、
天井に潜んでいた何者かが、注意をそらすために盗んだばかりのカードを落としたのだ。この後どうなるんだろう…
そっちの方が怖いですね。

IMI


解説を書いてみる