【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ

砂時計

昨日、上司が大事にしている壷を割ってしまった。

かなり高価なものらしく意気消沈した帰り道、

怪しい男に声をかけられた。


砂時計を買わないか、ということだ。

視して通り過ぎようとしたら、

男は突然ハサミで俺のネクタイを切った。

呆然としていると、男は笑いながら砂時計をひっくり返した。

すると、俺のネクタイがピタリとくっつき元に戻ったのだ。


これは世界に1つしかない、

壊れたものを3回だけ元に戻せる砂時計なのだそうだ。

ただ、跡形も無くなったものは直せないから注意するようにと言われた。

俺は迷わずそれを買った。


翌日俺は、早めに出勤して割れた壷の前で砂時計をひっくり返した。

すると、壷がカチャカチャと組みあがり元に戻ったのだ。

上司に、同じ壷を用意したと報告すると、

少し驚いて「ご苦労。」と返された。

その返事に腹が立った俺は、

ロッカールームで上司のロッカーを思いっきり蹴っ飛ばした。

我に返って砂時計をひっくり返すと、

ロッカーのへこみは元に戻った。


使えるのはあと1回。

いっそストレス解消に使いたいと思い、

上司のロッカーを開けた。

中には上司が大事にしている背広が掛けてあった。

ライターで火をつけようと思ったのだが、

ビリビリに引き裂くに留めた。

「跡形も無くなったものは直せない」

ということを思い出したのだ。

元に戻せなくなったら、

今度は怒られるだけではすまないところだった。

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!





解 説




解説を書いてみる