【意味怖】
意味がわかると怖い話まとめ 解説付き

普通 な意味がわかると怖い話まとめ 解説付き

桃太郎

178

あるところに、おじーさんとおばーさんが住んでいました。

おじーさんは山へしばかりに、おばーさんは川へ洗濯に行きました。

おばーさんが川で洗濯をしていると、ドンブラコ~と大きな桃が流れてきました。

おばーさんが桃を持ち帰り切ってみると、中からカワイイ男の子が出てきました。

男の子は桃太郎と名付けられ、おいしいものをたくさん食べてスクスク育ちました。

桃太郎はある日、犬と友達になりました。

桃太郎は犬を家に招待し、楽しく過ごしました。

ところがその後、犬と桃太郎が遊ぶ事はありませんでした。

またある日、桃太郎は猿と友達になりました。

桃太郎は猿を家に招待し、楽しく過ごしました。

ところが猿もまた、この日を境に桃太郎と遊んでくれる事はなくなりました。

その後キジと仲良くなった桃太郎は、キジを家に招待しました。

なぜだかやっぱり、キジも二度と桃太郎と遊ぶことはありませんでした。

(ボク、いっつもお友達に嫌われちゃう。。)

それでも桃太郎は、おばーさんの作るおいしいご飯に顔をほころばしていました。

ある日、桃太郎は鬼と仲良くなりました。

桃太郎は鬼を家に招待しました。

そして、鬼が桃太郎の前から居なくなる事はありませんでした。

(これが本当のお友達なんだ!)

ところがその日から、おじーさんとおばーさんの姿がありません。

不思議には思ったものの、おばーさんの代わりに鬼が作ってくれたご飯がとてもおいしくて、桃太郎は幸せな日々を過ごしました。

「たぁんとお食べ。もっと丸々大きくおなり」

あなたは意味がわかりましたか?
下のボタンから解説を無料で知ることができます!





「桃太郎」の解説



解説は後ほど追加される予定です