公衆トイレ

【意味がわかると怖い話】解説付最新まとめ
香水の匂い

いや〜、駅はいっぱい人が来るからさまざまな人が便所を利用するもんだw

ある日、背の高い女性が入ってきて来たんだ。

そりゃまた香水の匂いがきつくてねw

個室からでた後、鏡見て、念入りに化粧して顔を直してたの。

しばらくしたら、若い子が便所から出たのと続いて彼女も出て行ったんだけどね。

それから翌日、その女が紙袋を持って、また異常なほどの

香水の匂いをぷんぷんさせてやってきて個室に入っていったの。

便所中が香水の匂いするぐらい充満してた。

少したっては、ゴゴゴゴ、

また少したってはゴゴゴゴ、

流す音がすごいんだよ。

で、2時間ぐらいは個室にいて、便所の外に出たと思ったら、また入って来て同じことを繰り返す。

ね、変でしょ?

まぁ、私は彼女の事、知ってるんだけどねぇ〜

39+

あなたは意味がわかりましたか?
解説をチェックしよう!



解 説



想像すると怖い話ですね。
意味はわかりましたでしょうか?
それでは解説です。

「「ゴゴゴゴ」と形容されているように、流す音がすごいということは、流してはいけないもの / 流しにくいもの(例えば大きいもの・硬めのもの)を流していると想像できます。

さらに異常なほどの香水の匂いをさせています。

・わざわざ駅の個室トイレまでやってきて
・香水で匂いをごまかし
・大量の硬めのものを流している

何か想像できませんか?

恐らく、この背の高い女性は死体をバラバラにしたものを流しに来ている。その異常な香水の匂いは死体の腐敗臭を隠すためである。

それにしても、彼女を知っているこの語り手は一体誰なんでしょうね。


39+