意味がわかると怖い話

ネットで話題の「意味がわかると怖い話」をまとめています。あなたはいくつの謎がわかるでしょうか?

意味がわかると怖い話(解説あり)
吊り橋



吊り橋

友人とキャンプに行ったんだ

遊び疲れてブラブラ一人で歩いてると結構長い吊り橋が

下は川で、落ちたらひとたまりも無い様な高さ

スリル感を味わいながら渡ってると、いきなり踏み板が外れ転落!

幸い転落防止用のネットに引っかかり事なきをえた

悲鳴に気付いた友人が急いで助けに来てくれた

俺「死ぬかと思った」

友人「大丈夫だったか?ホント、ロープ位修理して欲しいよな」

意味はわかりましたか?
解説をチェック!

スポンサーリンク
 意味がわかると怖い話 解説

 - 中級

解 説



実際は「踏み板が外れ転落」したにもかかわらず、友人は「ロープ位修理して欲しい」と発言している。

つまり、落ちる現場を見ていない友人は落ちた理由を「間違って推測」していることから、友人は「俺」の殺害を企てていたのかもしれない。でもそれにしても、なぜ転落防止ネットが張られた橋を選んだのだろうね。笑



わかりましたか?
いつもシェア有難うございます!


Copyright© 意味がわかると怖い話 , 2013 All Rights Reserved.